So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

入院中の出来事9 [体]

主人も一生懸命調べてくれている様子だった。お見舞いに来るとプリントアウトした紙を持っている。

しゅじん「今日は、消化器の先生はいつ来るの?皮膚科の診察は何時?」

一緒に診察に行く予定らしい。医師に聞きたいことがあるらしい。

娘ちゃんの幼稚園のバスの時間に間に合わせ、先生にも会いたいのだろう。

先生は午前中は外来だったり、午後も手術だったり、合間に来たり、外来に呼んだりだろう、よって時間はわからない。


消化器の先生は、平日は朝と午後にくる。皮膚科は外来に行く。

看護師が車いすをもって、皮膚科の外来に連れていく。

診察室に入ると、医師はまた、驚く。

医師「あれ?お顔はすごくよくなっていますね?」

しゅじん「そうですねええ。」

わたし「そうですね。」

医師「・・・」観察中

しゅじん「○○の可能性はないですか?」

医師「それはないですね。」

しゅじん「資料によると、画像を見ると似てませんか?」

医師「私も何度か見たことありますが、水疱は違うと思うんです。」

しゅじん「いや、ここに水疱型もあると書いてありますよ。これだと外科的なことは駄目だと書いてあります。皮膚生検していいのでしょうか?」

医師は、主人のもつ書類を見る。

医師「塗り薬で、お顔が短時間で良くなっているので、このまま様子を見ましょう。」


診察は終わった。

私は皮膚生検をすれば、皮膚の方の病名、治療方針が決まるから頑張ろうと思っていた。拍子抜けだった。針を刺したところからひどくなっているため、実際は不安で仕方がなかった。ほっとした気持ちも大きかった。

主人は、傷から腐っていく病気もあったり、いろんな病気を調べて、可能性を先生に聞きたかったようだ。そんな主人の質問に嫌な顔することなく、ちゃんと聞いてくれていた。そして毎回「聞きたいことはありませんか?」と聞いてくるドクターだった。

先生は、良くなっているから様子を見てもいいかと思った様子。


30297-1.jpg




























家族の顔はわかるけど、したのは何だろう??


30298-1.jpg




























病室で描く絵は、三食ボールペンとシャープペンシルだけ・・・

紙いっぱいに書いてくれたんだねええ。お花に包まれているのかなあ。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。